【おすすめ本】初心者必見!マクラメ入門書はコレ 

記事はプロモーションを含みます

  • 結び方合ってる?
  • 動画は速くてついていけない
  • もっといろんな作品を作ってみたい

実は、私もハンドメイドのレシピ動画、、、、速くてついていけない。巻き戻しを繰り返していました。

マクラメのことを知りたくて、初心者向けの本から、アイディア書までたくさん読みました。

今回は、マクラメをはじめてする人が無理なく読めるおすすめの本を紹介します。

こんな人におすすめ

・マクラメについてもっと知りたい

・紙で読みたい

・動画ではついていけない

マクラメも手芸もはじめての人におすすめの本

マクラメも手芸もはじめてという人は、結び方が写真で細かに載っている本がおすすめです。

マクラメの作り方は、写真や結び記号で書かれています。

慣れると記号だけでもわかるようになりますが、はじめは手元の状態と記号をリンクさせることが難しく感じます。

私のような、頭はなるべく使いたくない人に、おすすめの最初の1冊から紹介します!

『はじめてつくるマクラメ』簡単な結びでできるタペストリーと雑貨

『はじめて作るマクラメ』のレシピで作った作品 ぶきっちょさんおすすめ度★★★★★5

この本は、マクラメの必要な道具、下準備、基本の結び方、13作品のレシピを知ることができます。

レシピは全てカラー写真とイラストで構成、手元と写真を見比べながら作業ができます。

写真だとわかりにくい部分は、イラストで表現していて、手芸初心者でも無理なく理解できます。

ぽっさん
ぽっさん

私は、見様見真似でタペストリーができたよ!

はじめは難しそうに見えたけど写真通りにすすめたら出来た!

  • レシピがほぼ写真で手元と見比べやすい
  • 写真でわかりにくいところはイラスト付き
  • 見様見真似でわかる本

結び記号も覚えたい!マクラメ初心者さんにおすすめの本

結び記号とは、結びの形を簡略化したものです。複雑なデザインも結び記号を使えばわかりやすく伝えられます。

▼参考:『平結び 左上』の記号はこちらです。

『平結び 左上』

作り方が全て記号図で紹介されているレシピ本も多いです。結び記号がわかるとたくさんのレシピを読むことができます。作品の幅が広がりますよ。自分でデザインすることもできます。

ぽっさん
ぽっさん

はじめて記号を見た時は5秒で諦めたよw

私は、写真つきレシピで練習して慣れてきた頃に記号が頭に入るようになりました。

得意不得意があるよね。

マクラメ ハンギングの教科書

『マクラメハンギングの教科書』のレシピで作った作品 ぶきっちょさんおすすめ度★★★★4

この本は、マクラメの結びの基本を3つのステップで順序よく学ぶことができます。

マクラメの必要な材料や道具、簡単に作れるマクラメ雑貨のレシピ、結び記号を知ることができます。

基本の結び方は、写真で解説があり、掲載作品のレシピは、『写真』と『写真+結び記号』で紹介されています。

私が読んだ本の中では、この本は結び記号の見方の説明がわかりやすく、結び記号を覚えるのに役立ちました

ぽっさん
ぽっさん

写真は手元とレシピをリンクさせやすく、見様見真似で作ることができるよ。

一方で結び記号レシピは、記号を覚える、結ぶ順番を考える必要があるよ。

  • 簡単に作れる雑貨のレシピ
  • 結び記号を覚えられる
  • 写真がおしゃれww

とにか何か作りたい!半日〜1日で作れるマクラメならこの本

とりあえず何か短時間で作ってみたい!

『マクラメ挑戦してみたいけど、そんなに時間は取れないよ〜』という人は、半日〜1日でできるレシピをまとめた本がおすすめです。

1/2DAY 簡単マクラメ 3つの結び方で写真を見ながら作る


『1/2DAY 簡単マクラメ』のレシピで作った作品 ぶきっちょさんおすすめ度★★★3.5

この本は、半日(1/2DAY)でできる簡単なマクラメを紹介してくれている本です。

ストラップやスマホショルダーやグラスコード、ペットのリードなど身につけられる人気の雑貨が充実しています。

ぽっさん
ぽっさん

人気のアイテムが多く『これ!作ってみたい!使えそう!』と思える作品が見つかるはず\(^o^)/

ストラップなど簡単なものだと1,2時間で出来ました。タペストリーなどは半日あれば作れるそうなものばかりです。

作り方は、全て写真!結び方は3つ覚えればOK!簡単です。

  • 半日でできる簡単レシピが充実
  • 作り方は、全て写真でわかりやすい
  • 3つの結び方でできる

1DAY マクラメ ひもを結んで作る簡単小もの

『1DAY マクラメ』のレシピで作った作品 ぶきっちょさんおすすめ度★★★3

この本は、1/2DAY簡単マクラメに比べて、少しだけ複雑にみえるデザインも載っています。

作り方は、『写真』と『結び記号』になります。丁寧に解説がありよく読めばわかる内容です。

  • 1日でできるレシピが充実
  • 作り方は『写真』と『結び記号』
ぽっさん
ぽっさん

私は、『はじめて作るマクラメ』で基本の結び方を知ってからこの本を読んだのですんなり読めたよ。

手芸初心者さんは、結び記号に慣れるまで少しだけ難しく感じるかも。

おわり

マクラメ初心者さんにおすすめの本を4冊紹介しました。

私は結び記号に苦戦したので、写真付きのレシピの本『初めて作るマクラメ』が読みやすかったです。

ただ、編み物をしたことがある方は編み図で記号に慣れている人は、結び記号も抵抗ないのかと、、、思います。

大きな作品や自分でデザインしたい時は結び記号が使えると便利です。頑張って覚えてよかったです。

マクラメ本選びの参考になれば嬉しいです。

この記事で紹介した本一覧

【レシピが写真:見様見真似でできるおすすめの本】

【順序よく学べるマクラメの教科書:結び記号を覚えたい人にもおすすめ】

【レシピが写真:1/2日で作品を作りたい人におすすめ】

【1日で作品を作りたい人におすすめ】

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA